Prism Consulting Japan

田熊 伸好(ビジネス&ITコンサルタント、ビジネスファシリテーター)

アクセンチュア、ベイカレントコンサルティング、日立コンサルティング、ヒューレット・パッカード、ヘッドストロングを経て、2013年7月よりプリズム・コンサルティングを設立

民間企業および官公庁などに対して、25年以上のコンサルティング活動を実施し、数多くの成果をあげている。

主にIT戦略策定、システム基本構想策定、ITガバナンス改革、CRM改革、BPR業務プロセス改革等の分野で数多くの実績を持つ。

顧客の中に入り、顧客間のファシリテーション、コミュニケーションを行いながら、顧客の立場にはいっての戦略、計画、改革プランなどを策定支援することを得意とする。


富田 勲

1.       事業計画書およびビジネスケースの策定

IT関連研修会社の日本法人の立ち上げから参画した経験をもとに、新規サービスのラウンチ計画の策定、新規販売パートナの獲得およびサプライヤ(外部講師、印刷業者)の評価・管理を行なってきました。また、年度ごとの事業計画や個別研修案件のビジネスケースの策定だけでなく、海外のヘッドクォーターとの調整などもカルチャの壁を乗り越えながら、カントリーマネージャとして実績を残してきました。

2.       顧客視点のサービス価値創造

ITサービスマネジメントという教育を事業の柱として展開していることもあり、常にパートナもしくはユーザ(顧客)がどんなサービスをどのタイミングで欲しているかを考えながら、日々ご支援をさせていただいています。サービス価値が複雑になる中、最良のソリューションを提案し、多くのお客様に喜ばれる研修を受講いただいています。

3.       利害関係者とのコミュニケーション・スキル

「コミュニケーションはお互いの信頼関係が基礎となる」を信条に、様々な職場、プロジェクトで培った顧客・相手とのコミュニケーション力を活かして、顧客、パートナ、サプライヤおよびチームメンバー間の信頼関係を築いていくことが得意分野のひとつです。


武田 賢二

専門資格

システム監査学会会員、システム監査人協会会員
経済産業省資格(1種、システム監査技術者、プロジェクトマネージャー)
CISA(公認情報システム監査人)
日本商工会議所簿記検定1
ORACLE 認定コンサルタント FINGOLD


略歴

  銀行システム子会社にて日計システム、証券化スキームにおけるSPC の会計システム等の企画・構築に従事する。その後、外資系コンサルティングファームにてERP導入等財務系を中心としたシステム導入プロジェクト、銀行業におけるバーゼル信用リスク計測システム構築プロジェクトにおいてプロジェクトリーダーを経験。また、IFRS早期適用を目指す事業会社にて、IFRS事務局のシステム構築・業務プロセス設計等の主担当者を歴任。現在、業務プロセスを中心としたグローバル標準化コンサルティング、IFRS に関するコンサルティング、リスク管理システム構築コンサルティング、システム監査等のサービスを担当。

n

専門分野

各種プロジェクトマネジメント
業務一般知識(金融知識、管理会計、財務会計、原価計算、法人税、消費税 他)
ERP導入(モジュール:CMSプロジェクト管理、BSC一般会計、債権債務管理、等)フェーズ:構想策定、要件定義、基本設計
BaselⅡ対応関連業務知識

主な実績

大手製造業におけるGCMS導入の構想策定
大手製造業におけるグローバル標準化(決算早期化、標準原価計算導入シミュレーション、資金管理プロセス、有償支給モデル撤廃、調達仮単価運用、販売単価遡及、金型会計、償却方法の変更など担当)(SAP
大手運送業業務改革立案(GLOVIA
保険会社における支払査定業務効率化コンサルティング
ERP導入プロジェクト構想策定~基本設計。モジュールリーダー4案件。(EBSSAP
事業会社にてIFRS プロジェクト、SAP周辺の各種システム更改プロジェクトを担当
大手信託銀行 市場リスク管理業務再構築プロジェクト

地銀向けBaselⅡ信用リスクアセットシステム構築プロジェクト 業務要件定義、システム要件定義


横井 則正

専門分野

•テクニカルアーキテクチャー

•IS Management

•英文会計

•プロジェクトマネジメント


職歴

アンダーセンコンサルティング(アクセンチュア/マネージャー
•シティバンクジャパン/ IS Manager
•フィリップモーリス株式会社 / IS Manager
•BPジャパン株式会社/ CIO
•ソニーグローバルソリューションズ株式会社 / IS Manager
•日本ミシュランタイヤ株式会社 / IS Manager
•エイラシステム株式会社 / CIO

畑中 大介

<経歴>

日産自動車株式会社、日産車体株式会社、BAANジャパンを経て1998年よりコンサルタントとして数々の企業のシステム化プロジェクトに参画する
日産自動車及び日産車体では、生産管理、原価管理、購買調達に従事
BAANジャパンでは、ERPパッケージ導入コンサルティングに従事

なコンサルティングプロジェクトと役割>

建設機械  BAAN導入(国内5拠点、海外5拠点の統合展開、生販在システム刷新)PM及び導入コンサルティング
自動車部品 生産計画リードタイム短縮及び製品在庫削減プロジェクト(BPR及びMC-Frame導入コンサルティング)            
電器 SAP生販・Oracle会計システムの導入(PMO及びI/Fコンサルティング)
化学触媒  新基幹システムの導入(ERP導入、販売システム開発)BPR要件定義、システム基本設計、PM
自動車部品  生産計画・製造管理刷新・仕掛かり在庫削減プロジェクト

スケジューラー、MESLIMSの導入と製造設備との接続による(IOT)リアルタイム製造品質管理の実施BPRシステムデザイン、システム導入コンサルティング、PM)

化学触媒  製造設備の保守メンテナンス管理システム開発・導入(BPR要件定義、基本設計、PM
半導体製造装置  プロジェクト毎の商談~検収までの個別利益予算実績管理システムの開発・導入(BPR要件定義、基本設計、PM
表面処理薬品 SAP導入(海外本社のテンプレートを基にSD,PP,MM,FI/CO,カスタマイズの全モジュール一括導入)ベンダ選定
自動車触媒  新工場立上げによる中間製造品の製造工程刷新プロジェクト(人・モノ・情報の流れの再デザインと構築) MESの製造指示から製造実績計上までの間の情報を、MESと各種計器・機器及び製造装置とをIoT化により“見える化BPR、要件定義、工程作業デザイン、システム基本設計、導入コンサルティング、PM